車売りたい!中古車一括査定のおすすめサイト

ネットで車査定

car

中古車買取した後の任意保険の解約はやった方が良いのか

公開日:

SCY / Pixabay

任意保険の解約ってちゃんとしてる人が意外と少なかったりするんだよね。
この解約なんだけど、しっかりと手続きをするかどうかで、実はその後に大きな影響を出してしまうんだ。
なので中古車を買取してもらうのはいいんだけど、そのまま解約するのはちょっと待ってみよう。
買取の理由によっては、ものすごく損をしてしまう可能性があるからだね。
ちなみに、任意保険の解約は車を買取してもらったからと、保険会社で勝手に処理をしてくれないのも覚えておこう。
自分から手続きの申込をしないと、車はないのに保険料を払うハメになってしまうよ。

では、中古車の買取をしてもらう状況を考えてみようか。
大きくは2つ、単純に車が要らなくなったから買取してもらったというケースと、車を買い換えるというケースがあるよね。
任意保険をそのまま解約していいのは、車が要らなくなったから買取してもらったケースのみだと思って欲しい。
もう今後は車に乗る機会がないなというのなら、さっさと解約手続きをしちゃうといいだろう。
だけど、一時的に車が要らなくなっただけで、また車には乗る機会があるという場合もあるよね。
例えば、東京に住んでいるんだけど、仕事の都合で北海道に転勤になったとしよう。
引越しをするのに車を持っていけないので買取はしてもらうけれど、また北海道で車を買う予定がある、なんてことだと解約する必要がないんだ。
なんでかって言うと、中断証明書というのがあるからだね。
この中断証明書ではなく、解約手続きをすると損をしてしまうので注意しよう。
どうして損をするのかというと、任意保険の等級が下がってしまうから。
一旦、任意保険の解約をしてしまうと、次に加入するときは初期等級である6級スタートに戻ってしまうんだ。
なので、7級以上の等級を持っているのなら、中断証明書を発行は必須だね。
この中断証明書があれば、次に保険加入する時も同じ等級からスタートできるよ。

では、買い替えのケースを考えてみよう。
こちらは任意保険をそもそも解約する必要がなく、車両変更手続きがある。
要するに、現在加入している任意保険というのは、車そのものも対象になっているので、それを変更するという手続きになるんだ。
車が手元に届く頃には変更手続きがすんでいるのが理想なので、車の買い替えをする時には、事前に保険会社に連絡するのがベストだよ。
せっかく新しく車を買ったのに、保険の手続きが終わっていないなんてことにならないようにしたいね。

-car