車売りたい!中古車一括査定のおすすめサイト

ネットで車査定

car

中古車買取の査定額を少しでも高くするための交渉術

公開日:

Meditations / Pixabay

中古車の買取って実は交渉で、いくらか上下するのって知ってるかな。
査定で出た数字が絶対というワケではなくて、そこから買取業者と交渉する形で最終的な買取額ってのが決定するんだよね。
だから、もっと高く買ってよ、なんてドヤ顔をして交渉している気になっている人も多いんだけど、実は査定員からすれば鼻で笑われているって話。
なんでかって言うと、こういう交渉方法って誰もが思いつくからだね。
査定員の人なんて仕事で毎日交渉しているワケだから、何度もこういう交渉をされた経験があるワケ。
なので、こういう交渉の仕方をして効果があると思っているのは、自分だけなんて哀しい結末になっちゃうんだよね。

じゃあ、中古車買取の査定ではどういう交渉が正解なのかと言うと、1つは交渉しないということだね。
交渉術なのに交渉しないってどういうことよって思う人も多いだろうから、具体的に説明していこうか。
基本的に交渉すると言っても、こっちは素人でむこうはプロなワケで経験では絶対に勝つことができないんだよね。
だから、こっちとしては希望額を絶対に言わないことが重要なんだ。
希望額を先に言っちゃうと、査定員からするとすごく交渉しやすくなっちゃう。
ウチもその値段だと食べていけないんで、勘弁して下さいよ、といいながらも、内心では舌を出していると思っていい。
結果的に、希望額に少し色をつけた程度の額で交渉を終わると、売手側は満足していたとしても、査定員からすれば安く買えたとなる可能性が高いからだね。
なので、交渉する時の手をせばめてしまわないためにも、絶対に希望額は言わないようにしたい。
これなら査定員にしても、相場からどのくらい出せばいいのか分からなくなから、交渉しようにも、本当に難しくなるんだ。

で、もう1つのポイントとしては即決しないってこと。
今日売ってくれた1万円上乗せします、なんて交渉をする査定員も多いんだけど、それだけじゃなくて、別の業者との比較をしたいから後日返事をしますと言っておけば、業者としても引くに引けなくなるんだ。
なんでって査定にしても無料でやっているけど、実際には経費がかかっているから、絶対に買取をしたいのが業者の内心なんだよね。
だから、即決しないという姿勢をみせるだけで、相手からの譲歩を引きだしやすくなるよ。

-car