車売りたい!中古車一括査定のおすすめサイト

ネットで車査定

car

中古車の買取相場はどのように決められているのか?

公開日:

aitoff / Pixabay

車を買取してもらう時に、ふと思ったことがないかな。
中古車の買取相場ってどうやって決まっているんだろう、と。
少しでも高く買取をしてもらうなら、相場を知っているとかなり有利になるよね。
でも、どこでこの買取額が決まっているのか、知っている人は少ないんだ。
じゃあ、どうやって中古車の買取相場が決まっているのかっていうと、実はあってないようなものなんだよね。
その仕組を説明してみようか。

まず中古車買取の相場の大本になっているのは、カーオークションの落札価格なんだ。
カーオークションと言っても素人が参加できるネットのオークションとは違って、中古車業者のみが参加できるプロのものがある。
このカーオークションは日本全国で毎週のように開催されていて、日本国内の中古車流通の肝になっていると思っていい。
つまり、どんな業者でもこのカーオークションの落札額を参考にしているのは、間違いないんだよね。
このオークションの落札額だけで、中古車の買取相場ってのは決まらない。
次に参考にされるのが、他店の店頭販売額なんだよね。
落札額と他店の店頭販売額を見れば、だいたい買取した車がどのくらいの利益になるのか、維持費がどのくらいかけられるのか計算できる仕組みね。

さらに最終的にはその買取業者の在庫具合や売れ行きなんかが加味されるんだ。
要するに需要と供給がどのくらいの関係なのかって話なんだけど、ここが最も重視されるポイントだと考えてよいね。
例えばだけど、軽自動車が良く売れる業者があったとしようか。
この場合、軽自動車が良く売れるのなら、相場より多少は高く買取をしても、十分に販売できると目算が立つよね。
反対に軽自動車以外の車についてはあまり売れないんだから、相場どおり、もしくは相場よりも低く買取をしないと赤字になっちゃうかもしれない。
なので、買取価格を上げるのは難しくなってもおかしくないだろう。
こんな風にカーオークションの落札額や他店の店頭販売額なんかを参考にしつつ、最終的には需要と供給で中古車買取の相場ってのは成り立っているんだ。
だから、各買取業者で大きく買取額が違ってくるから、複数の業者から査定を受けるのが必須だとされるワケだね。

-car